2万2千円で借りられる訪問着 その5

公開日: 

このページでは色留袖について
ちょっと詳しく書いてみたいと思います。

色留袖というのは
黒以外の留袖のことを言います。

非常に格式の高い黒留袖は
結婚式などの正式な儀式の際に
仲人や親族が着用するのが一般的です。

一方,色留袖は略礼装という位置づけなので
レセプションや祝賀パーティーなど
結婚式以外のオフィシャルな場面で用いられます。

黒留袖と違って様々な色が用いられるので
年齢によって模様の付け方もさまざまです。

柄ゆきは古典調の落ち着いたものから
現代的で華やかな雰囲気のものまで多岐に渡ります。

正式には黒留袖と同じように
染め抜きの五つ紋をつけるのが一般的です。

ただこれだとやや仰々しいイメージがあるので
最近は三つ紋や一つ紋などの略式も用いられます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑