3万8千円~4万3千円で借りられる訪問着

公開日: 

<着物豆知識 … お召し>

お召し」というのは縮緬(ちりめん)の略称で
徳川家の11代将軍である家斉公が好んで着用しました。

“将軍様がお召しになる着物”ということで
お召し」と呼ぶようになったそうです。

本来は将軍専用の着物なので
一般の人は着用が禁じられたそうです。

そのため織りの着物の中では最も格が高く
控えめなよそ行き着として用いられるのが一般的です。

無地はもちろんのこと縞や柄物まで
さまざまなバリエーションがあります。

外出用からふだん用まで様々な場面で
使い分けることができる便利な着物です。

カジュアルなイメージなので
合わせる帯には名古屋帯や袋名古屋帯など
金や銀が入っていなものがオススメです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑